イヤリング修理リフォーム事例

2014年08月15日

手作りイヤリング

預り.JPG 途中.JPG 完成.JPG
横浜は上大岡からのご来店です。
形見の翡翠(ひすい)を使ってイヤリングの注文です。
見本としてパールのイヤリングを見せられましたが面白いデザインです。
翡翠は直径10mmで1.4mmの穴があいています。そこで、18金で20cm直径1.3mmの丸線を用意します。
イヤリング金具はスクリューのみを使用しますので、余計な部分は切り離します。
(この切り離しの加工は買取する為相殺です)
翡翠を丸線に入れて曲げて形を作りますが意外と左右対称にするのはむずかしいです。
最後はレーザーで溶接して完成です。
初めての加工でしたが希望通りの仕上がりで喜んで頂きました。

金額です
☆K18丸線20cm約4.1g・¥36,000
☆K18イヤリング金具2個・¥10,000
☆翡翠丸線加工2個¥12,000
☆レーザー溶接2個¥12,000
合計¥70,000

※別途消費税がかかります。
※部品代金は地金相場により価格が変動する場合がございます。


posted by ヒロ河原 at 16:04 | コメント(0) | イヤリングにリフォーム
この記事へのコメント
コメントを書く
イニシャルあるいはニックネーム:

メールアドレス[非公開]:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。